ZBrushの基本ブラシで作るリアルなライオンのスカルプト

   関連ファイルがあります 

(T003_reference.zip / 187.4MB)

About

このチュートリアルではZBrushの必要最低限の機能だけを使用し、リアルなライオンのモデルを制作手順を解説します。
ZBrushの基本ツールの操作方法から、筋肉のもり上げ方、皮膚のたるみ、血管の出し方など、ライオンに見えるようにするためのテクニックを学ぶことができます。
球体オブジェクトからライオンの完成まで、ノーカットで収録していますので、ZBrushを初めて使う初心者の方や、もっとリアルなモデルをつくりたいという中級者まで活用できる構成になっています。

【対象者】
スカルプティング初級者から中級者程度

【使用ソフトウェア】
ZBrush(4R8)

【関連ファイル】
・リファレンス用のライオンの画像(通常モデルと筋肉解剖図のモデル)
・参考のライオンモデルのZBrushデータ(通常モデルと筋肉解剖図のモデル)

※以下のデータは該当する各チャプターのページよりダウンロードすることができます
・各チャプターごとのZBrushデータ
※対応バージョン:ZBrush(4R8)
※商用利用可

Info

公開日:2018年03月09日
合計時間:
価格:4,800円(税込)

Profile

渡嘉敷 拓馬/フリーランスCGアーティスト

1990年沖縄県生。2011年国立沖縄工業高等専門学校卒業後、ゲーム制作会社レベルファイブに就職。
2012年退職後、漫画家になり、講談社「少年マガジンR」で漫画「カンブリア」連載、 漫画の連載終了後、フリーランスCGアーティストの活動を始め、CG製作、コンセプトアート、キャラクターデザイン等の制作をメインに活動。
フォトリアルな人やクリーチャーなどモデリング、スカルプティングが得意。

参加作品「イナズマイレブンGO2」『ニンジャバットマン』『GENERATIONS LIVE用映像』他、未発表映画、未発表CMなど

Twitter:https://twitter.com/TakumaTokashiki