コンセプトアート学「世界観のデザイン」by ロバート・コンドウ

About

本動画は2019年5月7日にトンコハウス映画祭にて開催された『コンセプトアート学「世界観のデザイン」by ロバート・コンドウ』を収録した動画です。

 

■コンセプトアート学「世界観のデザイン」by ロバート・コンドウ

ピクサーの背景美術監督として『レミーのおいしいレストラン』『トイ・ストーリー3』『モンスターズ・ユニバーシティ』を手がけたロバート・コンドウによる世界観デザインのアニメーション講座です。日本語解説は堤大介。

※本動画は2019年10月17日までの期間限定での販売となります。(ご購入後の視聴期間は30日となりますので予めご了承ください)

 

■トンコハウス映画祭とは?
世界には、まだまだ日本で知られていない素敵なアニメーション作品がたくさんあります。堤大介をはじめとしたトンコハウスは、アメリカと日本に拠点を持つスタジオとして、世界のアニメーションの“いま”をもっと日本のみなさまに届けたいという想いから、トンコハウスがセレクトした世界の素敵なアニメーションを大きなスクリーンで楽しんでいただける映画祭です。

トンコハウス映画祭オフィシャルサイト:https://tonkohousefilmfestival.com/

Info

公開日:2019年07月17日
合計時間:
価格:8,640円(税込)

Profile

ロバート・コンドウ/トンコハウス代表

南カリフォルニア出身。ロサンジェルス近郊のアートセンター・カレッジ・オブ・デザインを卒業。2006年、憧れていたピクサーでスケッチ・アーティストとして『レミーのおいしいレストラン』の制作に携わる。その後、背景美術監督として『レミーのおいしいレストラン』『トイ・ストーリー3』『モンスターズ・ユニバーシティ』を手がける。2014年7月ピクサーを去り、トンコハウスを設立。新たなチャレンジと冒険の毎日を送っている。