アクションゲームを想定した格闘モーションの作り方

   関連ファイルがあります 

(data.zip / 11.9MB)

About

本チュートリアルはゲーム用のモーション(パンチ→パンチ→キックという軽めの連携)を想定し、仕様の確認からアイデア出し、リファレンス撮影とその見方、ブロッキングからタイミング調整までを解説しています。

【対象者】
Mayaの基本機能が分かる方

【使用ソフトウェア】
Maya2018

【関連ファイル】
リグデータ(Maya2018)
リファレンス動画
完成データ (Maya2018)
※商用利用不可

Info

公開日:2019年11月12日
合計時間:
価格:3,800円(税込)

Profile

菅野 宏樹/株式会社モックス

大学卒業後、オンラインゲーム会社に就職し、初めてキャラクターモーションに触れる。 その後、現在の会社に転職し、スマホゲームや家庭用ゲームなどのキャラクターモーションを 中心としたモーション制作業務を行っている