ご購入(¥1,300)はこちらから

第30回:SOP&VOP実践編(4) 〜SOPとVOPを使ってラインエフェクトを作成しよう〜

ラインエフェクトの作成方法を通して、前回に引き続きForを学びます。リテイクに柔軟に対応できるようにノードを繋ぎ、実践で使う事ができるラインエフェクトを作成します。

【今回の講義内容】
・Curveを作成する際にセットで繋げるノードの説明
・UV表示方法の説明
・polyframeノードの説明
・ビジュアライザーの説明
・AttributeCreateを使い、ラインの元になるポイントにIDを与える説明
・CopyToPointsでポイントをカーブ上にポイントが複製されるようにする説明。
・繋がってないノードを見分ける方法の説明
・ポイント全体の大きさをVOP内でPscaleを使って調整する方法の説明
・ポイント同士をカーブに沿って繋げる方法の説明
・ラインカーブを場所によって太さを変える方法の説明
・カーブにネジリを入れる方法の説明
・rampノードの名前を付ける際の注意点の説明
・カーブにカラーを付ける方法の説明
・画面の背景を黒くする方法の説明
・カーブにキーフレームを打つ方法の説明
・ラインカーブの断面をずらす方法の説明
・プリミティブ毎にnameを付けるノードの説明
・カーブにノイズを入れる方法の説明

この動画が含まれるセット

Houdini COOKBOOK +ACADEMY《SOP&VOP実践編セット》 全7本一覧へ