ご購入(¥1,300)はこちらから

第65回:フルイド気体基礎編(8) ~煙から作成されたVelocityを応用しよう~

前回までで、気体のベーシックなコントロール方法を学びましたが、今回は、煙で作成されたVelocityを使い、空気全体の動きのシミュレーションを活用しパーティクルで表現する方法を学びます。これを応用すると空気中のチリや火の粉の表現に使うことができます。

【今回の講義内容】
・Time Dependentの説明
・テストジオメトリの大きさにコンテナのサイズを合わせる方法の説明
・ノイズ設定の説明
・ノイズにマイナスの値が入ってしまった時の対処法の説明
・Closed Boundariesの説明
・PyroSolverの設定の説明
・Cache Memoryの説明
・VDB from Polygonsの説明とコリジョンオブジェクトとしての使い方の説明
・パーティクルの動きを煙で作成されたVelocityの動きにする方法の説明

この動画が含まれるセット

Houdini COOKBOOK +ACADEMY《フルイド気体基礎編セット》 全9本一覧へ