ご購入(¥1,300)はこちらから

第86回:Houdini中級編(3) ~プロシージャルシェーダーの作成方法を学ぼう~

   関連ファイルがあります 

(HoudiniAdvance_003.hip / 660.4KB)

プロシージャルシェーダーはレンダリングコストが高いですが、UVに関係なく使用できるので、量産する際に威力を発揮します。

今回はハードサーフェスモデルで使える、角のペイントが剥げ、汚れのついたシェーダーをプロシージャルで作成する方法を学びます。

【今回の講義内容】
・テストジオメトリをハードサーフェスにする説明
・PolyReduceの説明
・PolyBevelの説明
・DigitsとPaddingの説明
・opnameの説明
・Curvatureの説明
・プロシージャルシェーダーの作成方法の説明
・GatherLoopの説明

この動画が含まれるセット

Houdini中級編10本セット《Season1》 全10本一覧へ