ご購入(¥1,300)はこちらから

第95回:Houdini中級編(12) ~POPとRBDを組み合わせたシミュレーション~

   関連ファイルがあります 

(HoudiniAdvance_012.hip / 918.8KB)

今回はパーティクルとRBDを組み合わせて、大量のタブレットをボトルに入れるシミュレーションを解説します。
また、nameのアトリビュートを自作する方法に関しても説明します。

【今回の講義内容】
・nameを自分で1から作成する説明
・ConnectivityClassの説明
・Wrangleでnameのアトリビュートを記述する際の説明
・VEXpressionの基本的な記述方法の説明
・bullet SolverとRBD Packed Objectの説明
・POP SolverとBullet Solverをつなげる為のMultiple Solverの説明
・Attribute Randomizeで、ノーマル方向にランダムにさせる説明
・毎フレームランダムにする$FFの説明
・コリジョンオブジェクト設定の説明

この動画が含まれるセット

Houdini中級編10本セット《Season2》 全10本一覧へ