ご購入(¥1,300)はこちらから

第112回: 地形基礎編(4) ~浸食を学ぼう~

形状のデティールをErode(浸食)を使って、シミュレーションして作成します。
Heightfield Erodeはパラメーターが多いですが、理解するべきパラメーターの解説をいたします。
地形を作成する上では避けては通れない部分なので、確実に理解しましょう。

【今回の講義内容】
・HeightFiels Project,Noise,Distortなどを使い、円錐の切り立った山を作成して下準備をする説明
・Heightfield Erodeのノードの詳細説明
・ErodeのHydro,Precepitation,Thermalの説明
・Heightfield Erodeのシミュレーションの理解しておくべきパラメーターの説明

この動画が含まれるセット

Houdini COOKBOOK +ACADEMY《地形基礎編セット》 全5本一覧へ